剣岳八峰Y峰Cフェイスから北方稜線を縦走し欅平
投稿者:堀江三太 さん


期間 2004年9月17日から9月20日

メンバー L勝野  堀江(記)

 大町駅駐車場で9月17日午前7時に勝野クライミングスクールの勝野先生と落ち合った。扇沢に着くと小雨が降っていた。今日は長治郎谷の剣岳八峰の対岸の岩の上の平地(熊の岩)にビバークする予定でいたが、雨の中のツエルト泊まりがどんなに身も心もウエットになるか身にしみている私が
「雨か。」と暗い声を出すと、すかさず先生が
「よし、剣沢小屋に泊まろう。」ととても美味しい変更をしてくれた。
 8時30分トロリーバスに乗り10時過ぎに室堂に到着した。激しい雨の中を500円のビニール傘をさして12時に別山乗越を通過し13時には剣沢小屋に着いた。
小屋にはガイド協会の登山学校のグループが9人程いて、翌日八峰の稜線から長治郎の頭を通って剣に登る予定との事だった。

 彼らは翌日9月18日早朝4時には剣沢小屋を出発した。私達は5時30分に出発し日の出と共に剣沢の雪渓に降り立った。先生の話によると剣沢雪渓の雪の量は例年になく少なく状態も悪いとの事だったが私は6本爪のアイゼンを装着して快適に剣沢雪渓を下り長治郎谷との出会いに到着した。長治郎雪渓は剣沢雪渓との出会い周辺で大きな割れが幾筋も走り、その割れ目を覗き込むと10m程の雪壁に囲まれた薄暗い底の岩盤をほとばしり出た沢水が激しく奔流していた。
 先行していた登山学校グループが、とても雪渓の上を渡って長治郎谷に入れないと判断したらしく、右岸の岩場をトラバースしている最中だった。先生と私は楽がしたくて雪渓伝いにクレバスを渡り長治郎谷に入ろうとしたのだが所詮アイスクライミング用具を持たない我らでは越えられるクレバス帯では無かった。大きなクレバスの手前で行き止まりどうしょうかとルートを探している時、登山学校グループが大きな落石を落とした。その破壊的音響に驚いて立ち止まった我らの目の前で声も出ない程の恐怖な事態が発生した。落石の衝撃で危うい均衡が崩れたらしく2階建てのビル程の大きさの雪のブロックが音も無くゆっくりと陥没し消えていったのだ。私は次は私たちの乗っているブロックに崩壊が連鎖すると直感したが為す術も無く凍り付くしかなかった。その崩壊の始まりの一瞬を身構えて待った時間は私の心の中で色んな思いや思いでのページが何十枚もめくれる程の長さだった。
結局連鎖崩壊はせず私たちも右岸に逃れて岩場をトラバースし長治郎谷に入った。8時30分に八峰Y峰の基部に到達した。空は秋晴れになっていた。登山学校グループは5,6のコルに向かって登っていった。
 八峰Cフェイス剣稜会ルートの1ピッチ目は花崗岩の岩に下から見て右斜め上にバンド状の割れ目が走りホールド、スタンスともしっかりしていて登りやすそうに見えた。先生が先行しょうとしたので「先生、最初は私に行かせてください。」と先行を志願した。先生はにやと笑って「良いよ。」と先行を譲ってくれたが、その先生の笑いで私はもしかして難しい核心部をトップで登る順番になるのではと嫌な予感が心を過ぎった。しかし最終的にはさして難しい難所は無かった。
1ピッチは割れ目を登り切り左のテラスで切った。2ピッチ目は先生が先行してハイマツ混じりの岩を登り大きなテラスで切っていた。3ピッチ目は私の先行の番だが何といっても自分は安定した足場でしっかり確保されているという安心感がクライミングを快適爽快に楽しむ余裕を産み、リッジ右側の切り立ったように見えるけど実はホールド、スタンスの豊富なフェイスを快調に登りリッジに出て高度感を楽しみながらそのリッジを腹這いするように登りリッジ左に有ったテラスで切った。狭いけど確かにテラスに違い無いのだが、このテラスは1,5m程上に岩がハングして突き出ており中腰でなければいられない。そして悪い事に確保点のボルトはリッジ右の岩盤に打ち込んであるのだ。左のテラスからリッジを越えた右の岩盤のボルトまで身を乗り出して確保器をセットしヘルメットを頭上のハングした岩で擦りながら中腰で先生のクライミングを確保しなければならない。この中腰の確保姿勢を続けるのは結構きつかった。先生はこの確保姿勢を嫌って私が最初に先行すると志願した時に(にゃ)と笑ったのかもしれない。
4ピッチ目は登り切ってナイフリッジの上に出て、そのリッジ上を右にトラバースする。私たちの登ってきた地中深く埋まっている岩塊に見えた岩がリッジ上に出て初めて実は尾根の中腹に刺さった歯のような一枚岩である事に気づく。
今大きな地震がきたらこの歯は折れるなと予感した。しかし先生に言われるままそのリッジの上でクライミング姿勢のポーズを写真に撮ってもらい眼下の長治郎雪渓と源治郎尾根の景観を堪能した。5ピッチめは岩登りではなくただの登りだった。10時30分Y峰ピークに到着し次のZ峰ピークからは懸垂下降し[峰を通過した後、[峰と八峰の頭とのコルから八峰の頭の基部の右を巻いてクレオパトラニードルの前に出た。時々かかる白い霧の中で冷たく天を突き上げるニードルの鋭峰は剣の神の洒落っ気を感じさせられた。
そのクレオパトラニードルの基部を乗り越え1本懸垂下降してガレ場に降り立ちクライミングシューズを登山靴に履き替えた。そして限りなく垂直に見える急斜面のガレ場を怖々と下りた。今回のクライミングでこのガレ場こそがもっとも困難な核心部だった気がする。何と言っても一歩足を踏み出すごとに足元に小さな岩雪崩が起きて私の身をすくい流そうとする。流されまいと周りの岩を掴むと掴んだ岩がずり落ちる。正に宙を飛びたい気分だった。そのガレ場を下りきったコルでアルプス一万尺の歌に出てくるチンネの岩峰が見えた。使い捨てカメラの最後の一枚のフイルムでそのチンネを撮った。
 もしチャンスがあるなら来年はかの有名なチンネに登りたいと思ったからだ。先生はチンネクライミングを「いやあ、簡単だよ。」と軽く言い放ったが私には結構ハードに見えた。三ノ窓を過ぎ小窓の頭から小窓雪渓を下りて池の平山の麓を巻くと眼前に池の平小屋が見えて来た。計画書では仙人温泉小屋まで行く予定だったがもうその時には先生と私の腹は同じで私が小声で「泊まりましょうか。」と伺いをたてると「泊まろう。」その私の言葉を待ってましたという口調の声が返ってきた。16時。私たちは長年の馴れ合いでつい軟弱に流れてしまう傾向になってしまっている。

 9月19日8時に池の平小屋を出発して11時に仙人温泉小屋に到着した。私の友達でやはり勝野クライミングスクールの生徒で小屋のオーナーでもある高橋自称仙人が出迎えてくれた。
私が頼まれていた(山渓10月号)を渡すと早速仙人温泉小屋の紹介ページを開き読んで悦楽に浸っていた。写真で見る限りではの美人レポーターが文章の最後ころに「世の中にはすごい人がいる。高橋仙人もその一人だ。」と書いているのだから不満の有ろうはずが無い。
高橋仙人は又いつもの大風呂敷を広げ、美人レポーターを煙に巻いたのだろう。真昼間から行き交う登山者に開けっぴろげな露天風呂と人目を忍ぶ女湯をフルチンで移動し湯に浸かりながらビールを浴びる程飲んだ。高橋仙人は私が採ってきたナラタケもどきで味噌汁を作り素麺と一緒に振る舞ってくれた。しかし縁の下の暗がりに置かれた一升瓶の中の赤マムシは頼んだのだが他の客の予約を受けているからと刺身料理にして呉れなかった。私は仕方なく私の目と鼻の先のガラス越でチョロチョロ赤く細い舌を出している命拾いしたマムシと睨めっこしながらビールを飲んだ。

 翌日9月20日10時に仙人温泉小屋を出発してキノコを採りながら12時30分には阿曾原小屋に到着した。小屋の人がラーメンをご馳走してくれたので採ったキノコを全部引き取ってもらった。13時30分に小屋の人に鍵を開けてもらい高熱隧道として有名な関電専用軌道に入った。戦時中に多大な犠牲を払い国策で掘り抜かれた隧道に設置された軌道である。
 10分程待つと暗闇から(ごおぉぉ。)という音と共にカマボコ型の高熱電車が現れた。この電車に15分乗って14時には欅平に到達した。高橋仙人が小屋の従業員という事にして電車に乗れるパスを関西電力に手配して呉れていたのだ。私は2ヶ月間の小屋の売上金を所沢の奥様の元に届ける職務を仰せつかっているのだから大手を振って小屋の従業員と言える。何しろあれだけ飲んで食べても高橋仙人は私に宿泊費を請求しないのだからやはり間違いなく従業員なのだろう。
 16時に宇奈月温泉に到着し富山地方鉄道で黒部まで行き北陸本線で糸魚川まで行き大糸線で大町にたどり着いた。もう21時になっていた。駐車場に留めておいた先生の車で扇沢の私の車まで送ってもらった。


登山紀行文INDEXに戻る